雑穀米と玄米はGI値が低いのが特徴

雑穀と玄米は白米と比べてGI値が低いのが特徴です。GI値が低い食品はダイエットに効果的なのです。ではまずGI値(グリセミックインデックス)について解説したいと思います。

GI値(グリセミックインデックス)ご存知ですか?

GI値は血糖値の上昇率を表す指標で、ブドウ糖を摂取した時の血糖値の上昇を100としたとき、それぞれの食べ物がどの程度の上昇率なのかを示した数値のことです。

この数値が低ければ血糖値の上昇率が低くなるのですが、これが脂肪の蓄積と大きく関係しているのです。

血糖値の急激に上昇すれば『インシュリン』というホルモンが分泌されます。インシュリンは人間に必要な糖分を肝臓や筋肉に運ぶ重要な役割を持っているのですが、余った分は脂肪として蓄えてしまう働きもしてしまうのです。

つまりGI値が高い食品は血糖値を上昇させインシュリンの分泌を促進させて、脂肪を蓄積しやすくしてしまうのです。よってGI値が低い食品は血糖値の上昇を防ぎ、インシュリンの分泌を抑制させるので脂肪が蓄積されにくくなるのです。

雑穀米と玄米はGI値が低いので太りにくい!

GI値の目安は60以下の食品がダイエットに効果的とされています。私達が主食としている白米はGI値が約80もあるので、食べ過ぎると太りやすい食品と言えるのです。

その点、雑穀米と玄米はGI値が約55と低いので脂肪を蓄積しにくくダイエットに効果的なのです。

トップページ

マイセン玄米

マイセンのおいしい玄米

自然農法、残留農薬ゼロのこだわりのコシヒカリ玄米

お試し用玄米4合
1,260円(税込)

やずや

やずやの発芽十六雑穀

お米に混ぜて炊くだけ。簡単・お手軽・おいしい雑穀ご飯

レギュラーサイズ
1,890円(税込)

やずや

やずやの雑穀畑

一枚40kcalなのに満腹感!雑穀畑で置き換えダイエット

5日間お試しセット
980円(税込)

レンタルサーバー業者