ダイエットの基本は食生活の改善

「脂質の摂りすぎ」と「欧米化した食生活」

現代人が太ってしまう理由は「脂質の摂りすぎ」と「欧米化した食生活」にあります。これを改善することがダイエット成功の近道となるのです。ではどのように改善していくのか解説します。

脂質の摂りすぎが一番太る

脂質の摂りすぎ
脂質の摂りすぎは太ってしまう一番の原因です。しかし現代食は欧米化に伴い脂質を多く含む食事が一般的になっています。

本来のヘルシーな和食はどんどん衰退しており、ファーストフードなどの進出で食事の欧米化は加速の一途をたどっています。これにより現代食は普通に食べていても太りやすい欧米食となっているのです。

 

肉

お肉には注意
特に脂質を多く含む欧米食の代表格『お肉』には注意が必要です。

お肉はとても栄養価が高く健康にも良いのですが、摂りすぎると太りやすく、病気にもなりやすい食材なのです。

欧米食は健康にも悪く、コレステロールがたまりやすく生活週間病にもかかりやすくなってしまいます。

欧米食を改善する

お肉を食べるのを控えるとともに、欧米食を改善することで健康面の改善につながり、結果的に自然とダイエットになるのです。食の見直しがダイエット成功となるのです。

お肉が中心の洋食から、野菜や魚を中心とした和食に変えるだけで、カロリーを抑えることができ、バランスよく栄養を摂ることができるので痩せやすくなるのです。

食生活の改善 和食

和食ってすごいんです!

低カロリー、ビタミンミネラル、ポリフェノール、食物繊維などを豊富に含んでいるのでとても健康的で、これらは脂肪の代謝を促進する作用もあるのです。だから和食って太りにくい食生活なのですね。

ダイエットのための食生活

米を中心とした食生活
米を中心とした食生活にはダイエット効果を高めるメリットがあります。お米中心の食生活にすると『腹持ちがよく』『満足感も得られる』これにより、おかずを減らすことができるので余分な栄養を摂り過ぎることがなくなるのです。

数十年前の和食中心だった食生活は、『ごはんが主食でおかずが少し』と、とてもヘルシーで健康的な食事でしたが、今はそれが逆転して『おかず中心でごはんが少し』というムダに栄養を摂りすぎてしまう食生活へとなっています。

食生活

健康的に痩せるためには、以前のような『お米が中心でおかずが少ない』食生活に変えていくことがポイントとなるのです。

栄養バランス
でも、おかずを減らせば栄養バランスが崩れるのではないか?と思うかもしれません。そこで、主食のお米を雑穀か玄米に変えることで、栄養が豊富なダイエット食となるのです。

主食を雑穀か玄米にすることで、しっかり食べて痩せることができ、体質改善により痩せやすい体質にもなれるのです!

トップページ

マイセン玄米

マイセンのおいしい玄米

自然農法、残留農薬ゼロのこだわりのコシヒカリ玄米

お試し用玄米4合
1,260円(税込)

やずや

やずやの発芽十六雑穀

お米に混ぜて炊くだけ。簡単・お手軽・おいしい雑穀ご飯

レギュラーサイズ
1,890円(税込)

やずや

やずやの雑穀畑

一枚40kcalなのに満腹感!雑穀畑で置き換えダイエット

5日間お試しセット
980円(税込)

レンタルサーバー業者